クリックしてカラーを切り替え

Front FLO 60 Carbon Clincher

まったく新しいFLO 60 Carbon Clincher。エアロダイナミクスと横風安定性の最適なコンビネーションで、Aluminum + Carbonバージョンよりも約1/2ポンド軽量。究極のフロント ホイールを求めるトライアスリート、ロードレーサー、レクリエーション ライダーに最適。

flo wheels flo wheels flo wheels flo wheels flo wheels

価格: 549ドル

ライダータイプ

このホイールはあなたに合っていますか?

トライアスロン / タイムトライアル

フロント FLO 60 Carbon Clincherは、ほとんどのトライアスリートやタイムトライアル選手向けの最高のホイールです。 エアロダイナミクスと横風安定性の理想的な組み合わせを実現します。 理論上はフロント FLO 90の方が速いかもしれませんが、横風でホイールのコントロールがままならないライダーもおり、エアロバーから手を離してバイクをコントロールせざるを得なくなります。そうするとスピードは低下します。 フロント FLO 60では、ほとんどのアスリートが横風でも快適に乗ることができ、大多数のライダーにとって最高のフロント ホイールとなっています。 横風がとても気になる方はCarbon Clincher FLO 45を、ライド中にエアロバーを使い続けることができるなら、エアロ特性を高めるFLO 90をご検討ください。 よりお手頃なオプションをお求めなら、Aluminum + Carbon FLO 60またはFLO 90をご検討ください。

ロードレース

フロント FLO 60 Carbon Clincherは、そのエアロ性能と軽量から、クリットレースやステージレース用として優れたフロント ホイールとなります。 また、横風の影響を受けにくいより軽量のホイールをご希望なら Carbon Clincher FLO 45を、より高いエアロ性能をご希望ならFLO 90もご検討ください。 よりお手頃なオプションをお探しなら、Aluminum + Carbon フロント FLO 60またはFLO 90、もしくはAluminum FLO 30をご検討ください。

レクリエーション

フロント FLO 60 Carbon Clincherは、レクリエーション ライダー向けの優れたフロント ホイールです。 軽量で最高のエアロダイナミクス性能を実現します。 横風の影響を受けにくいより軽量のホイールをお探しなら、Carbon Clincher FLO 45をご検討ください。よりお手頃なオプションをお求めなら、Aluminum + Carbon FLO 60またはAluminum FLO 30をご検討ください。

何が自分に最適ですか? Carbon Clincherですか、それともAluminum + Carbonですか?

まだご質問がありますか? お問い合わせ

データ主導のデザイン

実データを使用してリム形状を最適化

路上での走行中に集められた110,000件のデータポイントを使って、自前の最適化アルゴリズムを開発し、コンピューターを使った500種のプロトタイプ試験を経て、これまでに作り上げてきた中で最速のリム形状を割り出しました。このプロセスについての詳細は、Aeroページをご覧ください。

FLOエアロデータ

抵抗 (g) 対ヨー角度

ヨー角度

* すべてのホイールは、A2 Wind Tunnelで700c x 23mm Continental GP4000S IIタイヤを装着してテストされています。

* トンネルの風速は30mphに設定。

* 車体重量を除きます。詳しく見る

* Mavic Open Proは、32本の丸スポークと700c x 23mm Continental GP4000s IIタイヤを装着したフロントホイールです。

FLOホイールによる時間の短縮

ホイール 40k Ironman
2013 FLO 30 38秒 2分51秒
2016 FLO 60 Aluminum + Carbon 55秒 4分9秒
2016 FLO 90 Aluminum + Carbon 1分0秒 4分29秒
2016 FLO DISC Aluminum + Carbon 1分14秒 5分31秒
2016 FLO 45 Carbon Clincher 55秒 4分6秒
2016 FLO 60 Carbon Clincher 1分3秒 4分41秒
2016 FLO 90 Carbon Clincher 1分4秒 4分48秒
2016 FLO DISC Carbon Clincher 1分11秒 5分19秒

上記の短縮時間は、当社の純抵抗低減値 (NDRV) の公式を利用して算出されました。 NDRV公式は、FLOホイールを使用した場合の予想短縮時間の正確な概算を自転車の運転者にもたらすように意図されています。純抵抗低減値の公式の詳細はこちらをご覧下さい。

ホイールの仕様

FLO 60 フロント リア
重量* 727g 842g
リム 700c Carbon Clincher 700c Carbon Clincher
チューブレスの互換性 はい はい
リムの深さ 62.8mm 62.8mm
ブレーキトラックの幅 24.4mm 24.4mm
ブレーキトラック アングル付き アングル付き
フェアリングの最大幅** 26.9mm 26.9mm
リムの内幅 18.0mm 18.0mm
カーボン仕上げ マット UD カーボン ファイバー*** マット UD カーボン ファイバー***
スポーク Sapim CX-Ray Sapim CX-Ray
スポークの数: 20 スタンダード 24本 (<198ポンド) / Clydesdale 28本 (<242ポンド)
スポーク パターン 放射状 スタンダード 2クロス / Clydesdale 3クロス
ハブ FLO VORTEX 2 FLO VORTEX 2
フリー ハブ n/a Shimano 9/10/11 OR Campy 9/10/11
ベアリング 6900 Japanese EZO ステンレス 6802 Japanese EZO ステンレス
推奨タイヤ空気圧 タイヤ空気圧ガイドをご覧ください (最大空気圧 120 PSI) タイヤ空気圧ガイドをご覧ください (最大空気圧 120 PSI)
推奨タイヤ Continental GP4000s II / 23mm x 700c Continental GP4000s II / 23mm x 700c

* ホイールの重量は+/- 5%の誤差があります。

** 当社の幅広リムは、すべてのフレームにフィットはしません。 フィットガイドをご覧ください。

*** マット カーボン仕上げでは、通常表面の細かい粗さが残ります。

FLO VORTEX 2 Hubs

信頼のパフォーマンス

新しいFLO VORTEX 2 ハブにはJapanese EZO ステンレス製ベアリングが付いており、高度な耐久性があります。

Sapim CX-Ray Spokes

世界水準のスポーク

Sapimスポークは世界中でホイールのトップメーカーが採用しています。

人々の声

「これらのホイールに関する話は秀逸です。私の理解では、設計プロセスはこの業界が今までに経験した中で、文句なく最も包括的かつ先進的でした。」

「データをよく見て、様々なモデルの新しいホイールを使って走行すると、それらが業界大手の作ったものよりも実にエアロダイナミクス性能に優れていることがわかります。FLOが格別であるのは、性能を犠牲にすることなく、半分の価格でホイールが手に入るということです。」

「新製品は従来よりも2-3%速いと企業が宣伝したら、人はそれに注目します。新しいFLO 60 Carbon Clincherは従来モデルよりも22.20%速いとFLOが言ったら、我々は言葉を失い、誰に裏付けを取るかを尋ねます。」